きものを着る楽しさ、着る喜びをお伝えする着物専門店『すずのき・絹絵屋』です。着物のことならお気軽に、なんでもご相談ください♪着物ライフが楽しくなるようなカジュアルな着物から、振袖・留袖・訪問着などの礼装用のお着物まで幅広くご用意。お持ちのお着物のお手入れや、リメイクのご相談なども承っております。お客様のご来店をスタッフ一同笑顔でお待ちしております。

携帯サイトはこちら

 

小紋とは、着物全体に同じ模様が一方向に繰り返し描かれている着物です。名前から小さな柄が描かれたものと思いがちですがそうではなく、最近は大柄のおしゃれなデザインのものも多く出回っています。
 
一般的には型紙を使い、一定の幅で柄を繰り返し染めていきます。主におしゃれ着として、観劇やクラス会、またお稽古着としても着用でき、柄ゆきによっては、ちょっとしたお祝いやパーティーなどでも気軽に着ていくことができます。
 
生地は綸子や縮緬を主に使いますが、時には紬地に染めたものも見受けられます。小紋には江戸小紋や京小紋を始め、様々な種類がありますが、ここではその代表的なタイプを紹介しましょう。
 
 




   
江戸小紋 
 
江戸小紋という呼び名は、昭和30年、江戸時代から伝わる小紋型の伝承者として、小宮康助氏を重要無形文化財保持者に指定する時、それまで染小紋や織小紋の名で呼ばれていた文様と区別するため、江戸小紋と名付けたことがはじまりといわれています。
 
もともとは江戸時代、武士の裃の柄に使われていたものですが、各藩はそれぞれの「定め柄」(つまりオリジナル?)を用い、他藩との差別化を図ったものでした。 江戸時代の武士も結構おしゃれだったんですね。
 
江戸小紋は、和紙を柿渋で加工し、何年もかけて作られた「伊勢型紙」と呼ばれる染め型紙を、今度は型彫り職人が、これまた気の遠くなるような細かい作業で緻密な柄を彫り上げ、最後に染め職人が、1点1点手作業で染めていきます。
 
単色系で染めた上、非常に細かい柄の為、離れて見ると無地に見えます。ぱっと見は分からないけれど「分かる人には分かる」。このあたりに「粋」をモットーにした江戸文化がうかがえると思いますが、いかがでしょうか。 
 
代表的な柄としては、鮫の肌のように見える「鮫小紋」。縦と横の「通し小紋」。45度の角度で柄が交錯するものを「行儀小紋」といい、これらは「小紋三役」といわれています。
 
この中で一番ポピュラーなのが「鮫小紋」でしょう。江戸小紋の代表格として、きもの好きなら誰でも知っている柄ですが、一説には、鮫という「強いもの」を身に付けることで厄をよけるといった話もあります。
 
この柄を、さらに細かくしたものを「極鮫」といい、紀州徳川家の「定め紋」だったことでも有名です。また最近では「江戸小紋の訪問着」といった、ちょっとややこしいものもありますが、これが結構おしゃれで人気があるようです。
 
 
小紋三役
 
鮫小紋  通し小紋 行儀小紋
 
 
京小紋 
 
江戸の「粋」に対して、京都の「華」を表現したのが京小紋です。
 
型紙を使い、繰り返しの柄になるのは江戸小紋と同じですが、友禅の発祥地だけあって、色使いがとても華やかなものが多く見られます。
 
一枚の型紙を使って染め上げる江戸小紋と違い、京小紋は友禅型紙といわれる寸法の長い型紙を色の数だけ使います。20枚から30枚、ものによっては100枚を超える型紙を使うこともあります。 
 
一般に、防染糊を使って「多色の色挿し」を行うことを「友禅」といい、型を使って行うものを「型友禅」といいますが、最近では、訪問着や振袖もこうした技法を使って染め上げることも多くなりました。
 
京都では、上品で奥ゆかしさも兼ね備えた華やかさを伝えるニュアンスとして、「はんなり」という言葉を使いますが、まさしく京小紋はこの表現にぴったりのきものです。
 
 
 
加賀小紋 
 
江戸小紋が「粋」、京小紋が「華」なら、加賀小紋は何でしょうか? 実は、加賀小紋にはその両方のタイプがあるのです。
 
一つめは「加賀伝統小紋」といい、江戸小紋のような単色系の細かい柄になっています。江戸小紋と同様、武士の裃の柄が起源とされていますが、江戸小紋のシャープな「粋」に較べると、少し優しい感じになっています。
 
もうひとつは「加賀友禅小紋」。京都の京友禅と並び、金沢の加賀友禅もとてもよく知られています。加賀五彩といわれる臙脂(えんじ)、藍、黄土、緑、紫の組み合わせで表現され、繊細で、上品な華やかさを持っています。こちらも京友禅同様、型友禅の技法を使い、多色使いの優美なきものです。いずれにしても、江戸小紋で使われている伊勢型紙が使われます。 
 
 
更紗(さらさ)小紋 
 
古くは室町時代から桃山時代にかけて、当時の南蛮船に乗って様々なものが日本に持ち込まれました。インドやジャワを発祥地とする更紗もその一つです。異国情緒あふれる更紗は、茶道具を入れる仕覆(しふく)などにも使われ、多くの武家や茶人たちに珍重されました。
 
江戸時代中期になると、日本風にアレンジした更紗が各地で生まれ、それらは総称して、「和更紗」と呼ばれるようになりました。きものに使われるようになったのは、大正時代にまず「帯」として作られたのをきっかけに、昭和に入ってからは縮緬や紬に型紙を使った小紋として染められるようになりました。
渋い色調と、全体から醸し出すエキゾティックな雰囲気に、個性的な装いをしたい方には特に人気があるようです。 ちなみに「サラサ」という呼び名については、インドの西海岸にある「スラート」という貿易港が語源という説と、「サラッソ」というスペイン語が語源だという説がありますが、調べていくとまた新たな発見があるかもしれません。(新説を募集します。) 
 
 
紅型(びんがた)小紋 
 
15世紀頃にはその原型が今の沖縄にあったといわれている紅型ですが、もともとは琉球王朝の上流階級の礼服として使われていました。沖縄独特の色彩や構図を持つ紅型ですが、西からは中国や東南アジアの影響を強く受け、また東からは京友禅の影響などもあったようです。
 
染めの特徴としては、型紙は一枚だけ使い(これは糊置きのために使います)、基本的には顔料を使って染め上げます。色調としては黄、紫、藍、緑を基調とした鮮やかなものが多く、また仕上げに隈取りをして、柄を強調させるのも、他では見られない技法です。
 
かつては色や柄の大きさなどによって、それを着る階級を分けていたそうです。例えば、最上級の色は黄色で、大きな模様ほど身分の高さを表しました。 
 
紅型の紅(びん)とは紅い、つまり派手な、転じてたくさんの色を使っているという意味で、藍一色で染められる琉球藍型(エエガタ)と区別しました。 また型とは型紙のことではなく模様のことを示します。
 
そういえば関東地方でも「持っているきものがもうあかくなって(つまり派手になって)着られない」というのを耳にしますが、「あかい」というのは、古くからある日本独特の色彩感覚なのかもしれませんね。
  
 
はじめてのお着物にも小紋はぴったりです。コーディネイトやお手入れなどについて、すずのき・絹絵屋各店舗にてお気軽にご相談ください。お客様のお気に入りを見つけるお手伝いを致します。
ご来店予約をしていただきますと、事前にご希望に近いお品をご準備させていただくことが可能です。