きものを着る楽しさ、着る喜びをお伝えする着物専門店『すずのき・絹絵屋』です。着物のことならお気軽に、なんでもご相談ください♪着物ライフが楽しくなるようなカジュアルな着物から、振袖・留袖・訪問着などの礼装用のお着物まで幅広くご用意。お持ちのお着物のお手入れや、リメイクのご相談なども承っております。お客様のご来店をスタッフ一同笑顔でお待ちしております。

携帯サイトはこちら

 
羽織とコートは、洋装でいえば、ジャケットやコートに当ります。防寒用として、また、帯やきものをほこりや汚れから守るため、やはり揃えておきたいアイテムです。
 
ここではそんな羽織とコートのお話しです。
 
羽織 
 
羽織の起源は、室町時代の終わり頃に生まれた「胴服(どうぶく)」といわれる、丈の短い、袖なしの、いわば“ちゃんちゃんこ”のようなものが原型とされています。
 
戦国時代に入ると、胴服は、当時の武将が具足(ぐそく、いわゆる鎧のこと)の上に好んで着用するようになりました。これが、世にいう「陣羽織」のことです。
 
それが江戸時代に入ると袖が付くようになり、今の羽織に近い形になりました。 しかし、当時は羽織の着用を許されたのは男性だけで、羽織を着るということが、ある種のステイタスを表していました。当時、羽織を着て、羽織紐を締めるというのは、今でいうと、ネクタイを締めて背広を着るようなものだったのかもしれません。 
 
その後明治に入ると、女性にも羽織の着用が認められ、次第に着るのが当たり前のようになっていきました。大正時代には、良家の奥様は羽織なしでは出かけないといわれるくらいに大流行したそうです。 
 
羽織は洋装でいうところのジャケットやカーディガンにあたります。ですからコートと違い、外出先で脱ぐ必要はありません。訪問先で客間に通された場合でも、そのままで失礼にはあたらないのです。ただし、お茶席などでは脱ぐことが礼儀とされる場合もあるため、注意するとよいですね。
 
羽織の種類 
 
羽織の種類 普通に羽織といえば、それは中羽織のことを指します。
 
その他紋付羽織といって、家紋(五つ紋、三つ紋、一つ紋)の入ったものがありますが、これは礼装用となります。
 
また中羽織に対して丈の長いものを長羽織と呼びます。この長羽織、丈はひざより下の長さに仕立てますが、何年か前から、ちょっとしたブームになっているようです。
 
きもの雑誌も時々特集を組んで取り上げていますので、それらを参考にするのも良いでしょう。ダーク系統の色、例えばブラウンやチャコール等の地に大胆な柄の小紋を長羽織にすると、雰囲気としては、竹下夢二の絵に出てくるような「古き良き時代」の感じに仕上がり、結構おしゃれです。
 
また茶羽織といわれる丈の短いものもありますが、これは茶道で使うものではなく、あくまで家庭内で防寒用に使われるものです。茶道で使われる羽織としては十徳(じっとく)とよばれるものがあります。 [羽織紐について] 一般的には組みひもを使います。
 
女性の場合はそれを羽織についている乳(ち)とよばれる輪(※下図参照)に通して、帯〆と同じ本結びをします。また組みひもの他は、貴金属類や、石を使ったもの、とんぼ玉をあしらったものなども人気があるようです。色は帯〆と重なる為、帯〆と同色か同色系の濃淡で選ぶのも一つの方法です。 
 
また、男性用は房が上を向くように結びますが、結び方がちょっと難しいので、一般的には「羽織環(はおりかん)」という金具を羽織の乳(ち)と羽織紐の間に付けて、羽織を脱ぐときは、羽織紐を解かずにその環をはずして脱ぐようにします。
 
 
 
 
噺家の羽織 
 
男物の羽織紐の結び方を紹介したところで、落語家の羽織に関する話題を一つお話しましょう。
 
羽織姿で高座に表れた噺家は、まず例外なく話の途中で羽織を脱ぎますね。この時脱いだ羽織を、普通は自分の後ろへ置きますが、ときたま舞台袖口の方へ投げることがあるそうです。
 
これは、次の出演者が何かの都合で遅れている時などは、席を仕切る立前座が、噺家が高座に上がるとき、話を引っ張って欲しいと頼みます。そういう時、噺家は話の途中で羽織を脱いだとき、袖口の方へ自分の羽織を放るのです。そして、次の出演者の支度が整いそうになったら、さりげなく前座が舞台の袖から手を伸ばし、羽織を片付けます。これを合図に、高座にいる噺家は何事もなかったように落語を終え、次の出演者にバトンタッチするのだそうです。前座の頃は羽織の着用をも認められない噺家の世界ですが、羽織にはこんな使い方もあるんですね。
 
 
コート 
 
地域にもよりますが、11月の声を聞くと次第に防寒用のコートが恋しくなります。洋装でコートが必要なように、着物にもやはりコートは必要です。
 
コートは防寒用というだけでなく、大切なきものを、ほこりや汚れから守るという意味もあり、冬場のお出かけには欠かせません。コートを着用する時、ひとつだけ気をつけなければならないマナーがあります。
 
それは、洋装のマナーと一緒で、建物や訪問先に入る前に脱がなければならないということです。また、羽織を着るときにも言えますが、コートを脱いだり着たりするのも立ち居振舞いの一つです。 一度鏡を見ながら、チェックしましょう。おしゃれにもちょっとした努力が必要ですね。 
 
 
コートの種類
 
以前はコートといえば6分丈位の道行コートが一般的でしたが、今では7分から8分丈くらいのロングコートが主流になってきています。
 
ロングコートが出始めの頃はそれ用の反物がなくて、小紋などの着尺をコートに仕立てていましたが、最近ではロングコート用の反物が普通です。
またリバーシブルになっていて、黒の礼装用とおしゃれ着用の二通り使えるものあります。 
 
雨の日など天気が悪い日には、雨コートを着ます。これは着物を泥はねや雨から守ることが目的のため、きものがすっかり隠れるくらい、裾いっぱいの長さにします。仕立て方としては、ワンピース型か二部式のタイプ。衿の形としては道行衿が一般的です。 
 
また最近では、透け感のあるタイプのコート・羽織をおしゃれで着用することが増えています。薄い素材なあらではの軽快さがあり、着物の柄が透けて見えることでコーディネイトがいっそう楽しくなりますね。
写真は新橋色に、さくらが敷き詰められた柄のコート地です。今年の人気商品ですよ♪
 
 
この他、唐織の生地を使った能衣装コートや、特に寒い地方で好んで着られるコートとしては、輪奈ビロード織の輪奈コートもあります。 
 
 
衿の形について
 
以前はコートといえば、道行コートか道中着というくらいでしたが、今はいろいろな衿の形があります。単なる防寒用から、ファッションとしておしゃれに着用することが増えてきたからですね。
 
現在すずのきで承っているコート衿の形はこちらです。これらはすべてオーダーで、お客様ご指定の寸法で仕立てます。  
 
道行衿
道中着衿
きもの衿
千代田衿
都衿
へちま衿
富貴衿
被布衿 .

 

 

着物を羽織やコートにリメイク

おうちに派手になって着なくなったお着物はありませんか?色柄が少し派手なものは、羽織やコートにすると案外しっくりとくるものです。お着物をリメイクして羽織にすることで新しいコーディネイトを楽しむのも素敵ですね。すずのきでお買い求めでない商品でも害歓迎です。お気軽にお持ちください。

各店で「お手入れ相談会」も開催しております。この期間では、お手入れの専門家の先生がいらして直接お客様のお着物の状態を診断してくれます。そこからお直しの提案やお手入れ方法などが相談できますので、ぜひお着物を素敵に変身させませんか?

ご来店予約をしていただきますと、事前にご準備させていただくことが可能です。商品やイベント、着物に関する各種ご相談などはお電話でも承っておりますので、お近くの店舗までお問い合わせください。皆様のご連絡をお待ちしております。