きものを着る楽しさ、着る喜びをお伝えする着物専門店『すずのき・絹絵屋』です。着物のことならお気軽に、なんでもご相談ください♪着物ライフが楽しくなるようなカジュアルな着物から、振袖・留袖・訪問着などの礼装用のお着物まで幅広くご用意。お持ちのお着物のお手入れや、リメイクのご相談なども承っております。お客様のご来店をスタッフ一同笑顔でお待ちしております。

携帯サイトはこちら

 
現在黒紋付は、主に喪服として使われていますが、不祝儀に黒を着るようになったのはそれほど昔からではありません。今でも地方によっては白を着用するところもあります。いったいいつから白から黒に変わったのでしょうか。
 
また、
・紋を付けるのはどうして?
・不祝儀以外に黒紋付を着ることはできないの?
ここではそんな黒紋付と喪服についてのお話しをします。
 
 
 
えっ!白無垢が喪服に? 
婚礼衣装に白無垢を着るのは今も昔も変わりません。白という色は万国共通で「清らかで聖なる色」というイメージがあります。また神道でいうところの「清め」の意味もあり、日本人にとっては特別な色だったわけです。かつて日本の女性は、婚礼で着用した白無垢を大切に保管しておき、その後最愛の連れ合いが旅立った時、白いまま袖を詰めて喪服としたそうです。最後は本人の死装束として、黄泉の国への旅支度となりました。 実はこの「白喪服」現在でも実際に使われているところもあるそうです。地方によっては喪主のみが「白喪服」または「白の裃(かみしも)」を着用するところもあります。 
 
大正時代の東京を舞台に描かれた漫画「はいからさんが通る」の中でも、主人公の花村紅緒が、シベリアで戦死したと伝えられた婚約者の伊集院忍の葬儀に、「二夫にまみえぬ」つまり二度と結婚はしませんという決意を表すものとして、「白喪服」を着るシーンがありました。
 
 
いつから喪服は黒にきまったの? 
今では喪服といえば黒紋付が当たり前になっていて、白喪服の存在さえ一般には知られていません。呉服屋にいって「喪服を見せて下さい」といえば必ずと言っていいほど「黒紋付」が出てきます。 
 
では、いつ頃から喪服は白から黒に変わったのでしょうか?時は明治、今から100年と少し前のお話しです。明治政府の「欧米化政策」に伴い、次第に日本人の生活様式も、特に都心部を中心に西洋化していきました。葬儀の時に、西洋では黒を着用するのに倣い、洋装では黒のモーニングなどのフォーマルを着始めた時代ですが、和装では白喪服を着用していました。しかしその頃は日清・日露と大きな戦争が続いた時代。戦死した兵士の名前は靖国神社に納められましたが、儀式の際、当時の貴族は白喪服を着て参列しました。
 
戦争が激化してくると、度重なる弔いの儀式も毎日のように行われるようになり、どうしても白喪服では汚れが目立ちます。黒なら汚れが目立たないからという理由と、また西洋のしきたりに倣い、次第に当時の貴族達は黒の喪服を着用するようになったのです。これをきっかけに喪服は白から黒へと次第に変化していきました。
 
そういった状況の中、大正四年の皇室令では宮中参内の喪服として「きものは黒無地紋付、帯は黒の丸帯、帯留(帯〆)は丸ぐけの白※、帯揚げは白※、足袋は白、はきものは黒草履」と指定されました。(※戦後、洋装の影響で黒に統一された)
 
しかし宮中に参内(つまり皇居に招待されること)できるのはごく限られた人たちです。一般に広まるきっかけになったのは、さらに時代がすすみ、第二次世界大戦が終結してからになります。当時、喪服専門の貸衣装屋が、やはり汚れが目立たないからという理由で、喪服を一斉に黒に統一したのを機に「黒の喪服」は広く世間に行き渡り、現在に至っています。
 
 
「家紋」をつけるのはどうして? 
黒紋付を喪服として着用の場合、染め抜きの5つ紋をつけます。
背に付ける「背紋」。両胸のあたりに付ける「抱紋」。それに両袖の外側に付ける「袖紋」となります。紋の付け方としては最も格の高い付け方となります。 
 
平安時代にその発生を見ることのできる家紋は、かつては家財道具や調度品、また鎌倉時代には武将がのぼりや旗に付けるなど、家を表すシンボルとして使われてきました。その頃は身分の高い者にしか使うことが許されなかった家紋ですが、時は過ぎ、明治時代に入ると、一般庶民にもその使用が許されることになります。 
 
そうした事を背景に、政府は「衣服令」を出し(その後廃止された)、官僚や軍人に対しては「正式な場所では洋服を着用」することとし、一般庶民に対しては、きものを着る場合「正式な場所では紋付を着用すること」としました。
 
それ以来、きものの礼装は紋付となったのです。今でも「紋を入れると正式な場所に着られる」といわれるのはその為なのです。 また紋はかつて魔よけの意味もあったという説もあります。特に背につける「背紋」は背後から近づく邪気を祓うためのおまじないというのです。
 
特に喪服につける紋は嫁ぎ先ではなく、実家の紋をいれるのが一般的でしたから(今でもそうですが)、ご先祖様が自分を守ってくれると信じられていたのかもしれませんね。 
 
 
不祝儀以外に黒紋付を着ることはできないの? 
皇室令で喪服と定められた「黒無地紋付」は、実はそれ以前より礼装のきものとして存在していました。
 
江戸時代には留袖と並び老婦人の礼装として着用され、その後も礼装着として使われてきました。その頃の黒紋付は今と違い、下に白い襲(かさね)を重ね着していたものです。また明治から大正時代にかけては、袴と組み合わせて式服とする女学校が多く、今なおその伝統を引き継いでいるところもあります。 
 
男性用の式服である羽織袴の場合、羽織紐と草履を替えるだけで、慶弔両用として着用することができます。フォーマルスーツにしてもネクタイの色を替えるだけで、結婚式にも告別式にも出席することができます。でも女性用の場合、黒紋付イコール喪服というイメージがついています。 
 
黒紋付は、もともと喪服用として作られたものではないので、もっと自由な発想で着こなしをしたらいかがでしょうか?例えば帯を替えたり、小物を工夫したり、伊達衿などを使ってもいいですよね。 
 
もともと黒という色自体は消極的な地味な色ですが、ほかの色を合わせると、相手の色の個性を強調したり、全体をいきいきと調和させる働きがあるといわれています。洋装の世界でも「黒」は着る人によって地味にも派手にもなるといわれますが、要は着る人のセンスと色の組み合わせ次第、ということかもしれません。 
 
また黒は日本人の肌にとても合う色です。髪の色(最近黒でない人の方が多いかもしれませんが)や瞳の色にもとてもよく合います。黒紋付を不祝儀用のきものと決め付けないで、もっと外に出してあげたらいかがでしょうか。きっと新しい発見があるはずですよ。
 
 
すずのきでは、オリジナル商品として黒紋付をご用意しております。お客様に寄り添うお着物としてふさわしいよう、最高品質のものを自信を持ってご案内いたします。
また、お手入れやお直し、コーディネイトなどのご相談も承っております。すずのき・絹絵屋各店舗にてお気軽にご相談ください。