絹絵屋
水戸店

絹絵屋 水戸店

住所〒310-0021 茨城県水戸市南町3-3-44 南町商店街
駐車場パラカパーキングをご利用ください
営業時間10:00~19:00
※感染症対策のため、営業時間を変更している場合があります。最新の営業状況はこちらからご確認ください
定休日火曜日
TEL029-227-2642
着付け教室木曜日(初級・中級) 14:00~16:00 
土曜日(初級・中級) 18:00~20:00
ひとりひとりのペースに合わせてのレッスンなので、はじめての参加でも安心です。
※開催スケジュールはお電話・または店舗にて詳しくご紹介いたします。

●レッスン内容
・初級コース…名古屋帯を自分で結べるようになりたい方。初めての着付教室参加の方はこちら!
・中級コース…袋帯を自分で結べるようになりたい方
 
●レッスン料
6,000円 全8回
 
●初回にお持ちいただくもの
着物、長襦袢、裾よけ、肌着、足袋、腰紐5本帯枕、衿芯、伊達締め2本、タオル3枚、半幅帯、ピンチ
お持ちでない小物などがありましたらご相談ください。

@suzunoki_kinueyamitoten

新型コロナウイルス
対策

すずのきでは新型コロナウイルス対策のため、

店舗内の除菌、マスク着用、手洗いの徹底、

検温、アルコール消毒、

滝イオンメディック(マイナスイオン発生機)

による空気中のウイルス除去などの実施を徹底しております。

お客様とスタッフの健康を第一に考え、

細心の注意を払いお客様をお迎えいたします。

 

着付け教室

はじめてさんでも大丈夫。
丁寧でやさしいレッスンが人気です

 木曜日 14:00~16:00 
土曜日 18:00~20:00

せっかくなら楽しくなくちゃ♪
あなたの着たい!を応援します

時間が選べる

14:00からと18:00からのコースがあるので
ライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

丁寧な指導

着付け師の資格を持つ先生が丁寧にレッスンします。
ひとりひとりに合わせたレッスンが好評をいただいています。

アットホームな少人数制

同じきものファンの仲間と一緒にレッスンできるので安心!
相談しながら実践できる、明るい雰囲気が人気です。

着付け教室無料見学・体験レッスンはWEBまたはお電話にてご予約ください。
お電話の際は、「HPを見た」といっていただけるとスムーズです。
【茨城】絹絵屋水戸店 029-227-2642
※お電話は10:30~19:00(火曜定休)となります。
詳細・見学のご予約はこちら

絹絵屋 水戸店の商品・サービス

卒業袴レンタル

大学・各種学校の卒業式 おしゃれな袴スタイル

七五三着物

特別なお祝い着で、お子様の健やかな成長をお祝い

黒紋付・喪服

黒紋付は最も格の高い第一礼装。卒業袴スタイルとしても

礼装着物

黒留袖・色留袖・訪問着・付け下げ・色無地

カジュアル着物

色無地・小紋・紬・木綿・麻・合繊の着物

帯・和装小物

袋帯・名古屋帯・足袋・和装下着等各種

浴衣

反物からオーダーメイドでお誂えする「マイサイズ浴衣」をおすすめしています

着物のお手入れ

シミ抜き・丸洗い・リメイク等 お見積もり無料

着付け教室

初心者の方も歓迎 わかりやすく楽しい教室です

着物パーティー

お気に入りの着物で、着物ファンの輪を広げよう

着物でお出かけ

すてきな暮らしの1ページ 日常をもっと楽しむ

和雑貨

風呂敷・エコバッグ・マスク・四季折々の小物等

白無垢・打掛貸出

メンバーズカード会員様は貸し出し無料

たんすレスキュー

着物たんすの中を無料診断・整理します。リメイクやコーディネートのご相談もお任せください。

絹絵屋 水戸店が選ばれる理由

  1. 楽しく着物を着るヒントがたくさんあります。
  2. 半世紀続くゆるぎない信頼と実績があります。
  3. 多彩なイベントでいつも新しい出会いがあります。

絹絵屋 水戸店 店舗紹介

「着物が似合う街・水戸で半世紀、
着物を着る楽しみを提案しています」

着物の楽しさをお伝えして50年。人生の節目で着物を着てお祝いしたいという想いを叶えるとともに、着物のファンづくりにまい進しています。
振袖、着物と帯のご紹介だけでなく、冬はあたたかなインナー、夏はおしゃれな浴衣をご紹介するなど、年間を通して快適な着物ライフをお送りいただけるよう、充実した企画を展開しております。
さらに、着物女子の味方、風呂敷をもっと上手に活用する和心講座や着物にも似合うバッグのご案内など、多彩なイベントを通して、着物の楽しみを提案しています。
着物の着方教室も開催、アットホームな雰囲気で楽しい時間を共有している間に皆様、着付け上手になっています。

水戸光圀公で有名な水戸。水戸藩第9代藩主徳川斉昭公がつくった偕楽園は日本三名園の一つで梅の名所として知られています。
藩校・弘道館の建物も残されており、着物姿で歩けば、気分はお姫様。梅まつり、桜まつりも開催され、インスタ映え間違いなしです。
お店ではお出かけ会も開催、水戸の魅力を満喫するお手伝いをしています。