色無地・
白生地

今年のトレンドカラーは
くすみ系がポイント

スモーキーで主張が強すぎない「くすみカラー」は積極的に取り入れたいトレンドカラー。 いつものコーディネートがアップデート!

当店推し色「ピスタチオグリーン」・「ミルクティホワイト」 5歳若返るマイカラーで、お気に入りのスタイリングを見つけてみませんか?

ピスタチオグリーン

カーキより女らしく、ミントより大人。 人気のくすみ系の中でも今シーズンは”ピスタチオ”

ミルクティホワイト

女らしさ、やさしさ、可愛らしさ、今っぽさと私たちの欲しいが詰まった”ミルクティー”。

”マイカラーで染める”
オートクチュール企画

すずのきでは、お好きな地模様の白生地をお好きな色に染めてお仕立ていただけます。100色の色見本から、あなたに似合う色をお探しし、色無地のおしゃれコーディネートをご提案いたします。
ワンピースを着るように、もっと色無地を気軽に着てお出かけしませんか。
色無地は、その名のとおり柄のない単色の無地の着物で、合わせる帯によってフォーマルの席にも、カジュアルにも着こなすことができる、着用用途が広い着物です。

さらに、年に一度「IMG48」と題して色無地モデルを募集。色無地コーディネートのお写真を応募いただき、選ばれた方は当店のポスターに掲載させていただきます。ぜひご応募ください。

似合う色探し「パーソナルカラー」
色無地モデル IMG48応募フォーム

すずのき お取扱価格

色無地 表地 
198,000円(税込)〜

※染め代込み
※お仕立て代、裏地代別途

取扱店舗

すずのき・絹絵屋・たまゆう全店

店舗一覧

すずのきセレクトベスト10

伝統文様の一方付けから現代文様まで選りすぐった紋意匠白生地

すずのき・絹絵屋では、色無地をお求めいただく際、染める前の白生地の中から柄を選んでいただけます。

1. 紋意匠:牡丹

牡丹

「富貴」「高貴」の花言葉は、絹のように薄い大き花びらが幾重にも重なる重厚な花姿から連想してつけられました。その牡丹を大きくデザインし、光沢感のある組織で織り上げることで、モダンさのある仕上がりとなっています。

2. 紋意匠:更紗唐草

更紗唐草

唐草模様は古代エジプトのナイル川岸のロータスを描いたものが原型であるといわれています。ギリシャのパルテノン神殿の装飾にも見られるこの唐草模様はローマ、中近東を経てさまざまに変化・発展し、インドでは華やかな花唐草(更紗唐草)となりました。シルクロードにのって運ばれてきたこの[更紗唐草」がその異国情緒で人々を魅了し、日本独自の発展を遂げ現代に伝わっています。

3. 紋意匠:松竹梅

松竹梅

寒さの厳しい真冬にも美しい葉や花を咲かせ、豊かな生命力を連想させる松竹梅は、中国では「歳寒三友]」と呼ばれていました。その3つの植物を小付けに配したデザインは、伝統的な吉祥柄でありながらも可愛らしさを感じさせます。

4. 紋意匠:カトレア

カトレア

経糸は丹後ちりめんと同じ燃りの少ない生糸を使用し光沢感を出し、縦糸には八丁撚糸(壁糸)を使用し、ちりめん独特のシボを出しています。そうすることで文様部分の組織に変化が生まれ、柄が立体的に表現できています。染め上がると凹凸のある生地が乱反射し、豊かな色合いを感じさせます。

5. 紋意匠:唐草シボ(銀通し)

唐草シボ

時にブドウの蔓を思わせ、時に花や葉を付けながら美しく巻きつけるこの唐草文様を、シボ立ちのある銀通しで表現しています。

6. 紋意匠:ソテツ

ソテツ

植物が衰弱しかけたときに、根元に鉄釘などを打ち込んで鉄分を与えると、衰弱しかけた植物が蘇生することから「蘇鉄(ソテツ)」という名がついたと言われます。そのソテツをモチーフに多彩な織表現を可能にした高性能ダイレクトジャガード織機を使用し織り上げました。通常の生地と比べ、厚みがあり、柄の奥行きを感じさせる立体感のある白生地となっています。

7. 紋紗:ポインセチア

ポインセチア

赤と緑のコントラストが美しいポインセチアをモチーフに紋紗組織で織り上げた白生地は、花言葉である「祝福」を感じさせる大胆な構図となっており、染め上がるとモダンな印象を演出してくれます。

8. 紬:クリキュラ

クリキュラ

インドネシア共和国ジョグジャカルタ王室に献上されていた黄金繭は、インドネシア・ジャワ島に生息する天然山繭科の野蚤で、世界で唯一黄金色の輝きを持つ繭ですが、精錬(不純物を取り除く工程)が難しく、紡ぎの熟練者でも年間1kgを紡ぐのが精一杯といわれています。その黄金繭で紡がれた糸を使用した白生地は、染めると光沢感のある独特の発色となります。

9. 紬:薩摩花織Ⅲ

薩摩花織Ⅲ

鹿児島県の大島袖トップメーカーで制作した花織の第3弾となります。緯糸を浮かせて表現した柄(花)は立体的で光沢感が出ています。染めると上品な大人カジュアルとなります。

10. 紬:大江紬

大江紬

京都府丹後半島の付け根に位置し与謝野町、福知山市、宮津市にまたがる連山「大江山」は、鬼伝説が残る神秘的な山としても有名な土地ですが、その京都丹波で制作した袖です。経糸に28中2本駒を3本合わせにした糸を使用、緯糸には紬糸と生糸をパランス良く絡ませた糸を使用する事で、柔らかく、なめらかな風合いと艶が特徴で、紬特有の節糸は僅かにしか見られず、無地染した際には、その美しさを感じていただけます。

パーソナルカラーとは・・・

「その人に似合う色」「その人をより魅力的に見せる色」をいいます。
アメリカで始まり、1980年代に日本で紹介されました。
目や肌、髪の毛の色などにより4つのタイプ(春夏秋冬)に分類されます。
洋と和のパーソナルカラーでは、考え方に大きな違いがあります。

洋=自分自身を輝かせる、個性を際立たせるため

和=環境と調和する色、その人だけではなく周囲も美しく見せるため

好きに色は似合う色とは限りません。

似合う色とは、その人の魅力を最大限に生かしてくれる色のことです。
20代の時には洋服の色で悩む方は、ほとんどいません。
なぜなら、20代はカラーに頼らなくても若々しく健康的に見えるからです。

似合う色が本当に必要になってくる年代は40代から。

  • シミが目立つようになった。
  • 疲れているように見える。
  • ダイエットしてもなかなか痩せない

そんな時に似合う色の力を借りましょう。色選びは100色の色見本を使います。

似合う色がわかるとマイナス5歳若返る

  • 若々しく、生き生き見える
  • 肌のトラブルをカバーできる
  • 周りから好評価
  • 自分らしさを演出

マイナス5歳若返る

なんと嘘でしょ!!と皆様おっしゃいますが、本当です。ご相談下さい。

パーソナルカラーセルフチェック

Spring color
Summer color
Autumn color
Winter color
Spring

フレッシュなビタミンカラーが似合う春タイプのあなた。年齢に寒けなく、親しみやすいキュートな魅力が持ち味。軽やかで明るい色でコーディネイトすると、あなたの可愛らしく温かみのある雰囲気がより引き立ちます。

Summer

初夏に咲く紫陽花やラベンダーのようなソフトで爽やかな明るい色が似合う夏タイプのあなた。
上品で清楚な印象のパステルカラーでコーディネイトすると、エレガントで洗練された印象になります。

Autumn

秋の紅葉のような深みのある落ち着いた色がお似合いの秋タイプのあなた。
深みのある中間色やセピアカラーがよく似合います。
クラシカルでありながら都会的な知的差を感じさせます。

Winter

冬の朝のすんだ空気のような純色や白に近い淡い色がよく似合う冬タイプのあなた。
シャープでダイナミックなイメージを持ち、コントラストの強い鮮やかな色で個性を引き立たせるのもよく合います。

コーディネイト

藤色の色無地に紫陽花をイメージした帯。
ドットの半衿とパールの帯留めがポイントです。
やさしいピンクの色無地は、半衿で遊んで。
きりっとしたマゼンタの帯揚げがコーディネイトをひきしめます。
ライトグレーの色無地に鮮やかなブルーの袋帯。
ジュエリー感覚の帯留めがおしゃれ。
半衿と帯に猫、帯留めは鈴の猫ちゃんコーディネイト。
小物で遊べるのが色無地の醍醐味です。
同系色の色あわせで落ち着いた雰囲気に。
キラリと光る帯の柄がよく映えます。
華やかな帯を合わせれば、お呼ばれにもぴったり。
半衿は生成りのふくれ織り半衿で上品に。

きれいめ大人カジュアルには
ふくれ織りの半衿がおすすめ

ふくれ織の半衿の繊細なボリュームがあり、色無地や小紋をはじめ紬のドレスアップにもっともふさわしく、
絹本来の自然な色合いが肌をきれいに見せてくれます。

色半衿や、柄半衿を合わせたくないけれど、ちょっと普通の塩瀬白半衿では物足りない、ボリュームが出ない、縮緬の色半衿もニュアンスが違うし、刺繍半衿も頑張りすぎというときにおすすめです。 ふくれ織の凹凸が衿元のアクセントとなり、柔らかい印象に仕上がります。 例えば、礼装時、重ね衿(伊達衿)は好きではないので、このふくれ織半衿で量感を出し、着物とバランスを取りたい、という時から、紬や小紋姿で半衿をたっぷりと出し、流行風にと、色々お使い頂けます。

また、少し生成りっぽい色もいいんです。 真っ白すぎる半衿は、ある年代になると、くすみが出てきた顔色にきつ過ぎるそうです。 そもそも日本人の肌の基本色はオークル系といわれてますので、生成りが馴染むのだと思います。

顔の形、肌や髪の色、目の色まで一人ひとり違います。

だから似合う色も十人十彩(色)です。 お店で実際に顔映りを試して、似合う色を見つけてみませんか。

コーディネイト次第で、新しい色無地の世界が広がりますよ。