ブログ

水戸の街に着物で虹をかけたい!【絹絵屋水戸店】

すずのき 絹絵屋水戸店 松廣です。今年の9月で、絹絵屋水戸店は、創業50周年を迎えます。これまで支えてくださったお客様たちに心から感謝しています。

絹絵屋水戸店50周年企画のひとつとして、5月29日(土)『呉服の日』に合わせて、水戸店では、お客様50名に色無地を着ていただいて、50色の(似た色も多くあるとは思いますが)色無地着物で、水戸の街に、虹をかけようと思います。 虹は、雨の後に光がさします。困難や苦難の後に差す光ともいわれていますが、このコロナ禍ではありますが、明るい光を水戸の街から日本中にお届けできればいいなと思っています。

実は、参加者を募集したところ、3日で、50名の枠が埋まってしまうほど、お客様たちからもご賛同いただきました。とてもありがたい事です。 水戸の街を着物で元気にしたいという思いはみなさん同じですね。

呉服の日に、みなさん、それぞれお好きなコーディネートでご参加いただくことになります。 50名のみなさんが、色無地の着物を着てお写真を撮るのがとても楽しみです。 後日お写真を載せますので、皆様どうぞお楽しみに!

 

絹絵屋水戸店 店舗紹介

WEBご来店予約

 

・・・・・

すずのき 絹絵屋水戸店では、ご成人の振袖をはじめ卒業式袴、季節や各種通過儀礼に合わせた着物などを数多く取りそろえ、茨城県水戸市、ひたちなか市、那珂市、東海村、茨城町、常陸大宮市、常陸太田市、大子町、大洗町、鉾田市、笠間市等の多くのお客様にお越しいただいております。

 

関連記事一覧