ブログ

七十二候の梅子黄(うめのみきばむ) – 着物・振袖・着物のお手入れ・着付け教室 すずのき 絹絵屋

16日から七十二候の梅子黄(うめのみきばむ)。梅の実が熟す頃をさします。

 

 

梅雨に入る頃、梅の実は青々と太り始め、熟すと黄色くなります。

 

 

この状態の梅は実梅と呼ばれ、梅酒や梅干を漬けるのに最適です。

 

 

 

 

 

血の毒・水の毒・食の毒。梅干はこれら『三毒』を断つとされ、古くから日本人の健康を支えてきました。

 

 

他にも、インフルエンザ予防、生活習慣病予防、疲労回復効果などが実証されており、健康食品として注目されています。

 

 

 

夏バテの季節が近づいてきますが、梅干しで撃退しましょう!

Posted at 10:00

関連記事一覧