ブログ

初めての着物にぴったり!カジュアル着物『伊勢木綿』 – 着物・振袖・着物のお手入れ・着付け教室 すずのき 絹絵屋

とーーーーーーってもかわいい着物が入荷しましたよ!

 


その名も『伊勢木綿(いせもめん)』

 

木綿のきものは、雑誌「七緒」「arecole」などで取り上げられたことをきっかけに、現在大流行しています。

 

風合いも柔らかく、お手入れも比較的かんたんな上、年間を通しても着用期間が長いので、ワンピースのような感覚でおしゃれを楽しめる今話題の「ふだんきもの」です。

 

 

●伊勢木綿って?

 

伊勢木綿は、江戸時代から今も続いている伝統の布です。昔から変わらない製法で出来る小巾の反物は、最高の肌触りと古布のような素朴な風合いがあります。その秘密は糸(弱撚糸)にあります。強く撚りをかけずに綿(わた)に近い状態の糸を天然のでんぷんのりで固めて、昔の機械でゆっくりと織っていき、なんと、一台の機械で一日一反(13メートル)しか織れないんですって・・・!

 

 

出来上がった布は洗っていくうちにのりが落ちて、糸が綿(わた)に戻ろうとするので、生地がやわらかくなっていきます。

 

この肌触りこそが伊勢木綿の魅力です。

 

 

●木綿着物のいいところ

 

①家庭で洗濯ができる

 

・コットンの洋服と同じ感覚でお手入れできます。お天気の悪い日でも安心!

 

②盛夏以外で着られる

 

・基本は単衣仕立てで、生地の厚みや質感も様々なので、体感にあわせて

 

 単衣の時期も袷の時期も関係なく着られます。(盛夏以外の9月~6月)

 

③着崩れがしにくい

 

・絹やポリエステルの着物のように滑らないため、着付けが苦手な方にもおすすめ!

 

 

●コーディネイト

 

・カラフルチェックの伊勢木綿

 

・レースの半幅帯

 

・帯締め

 

・下駄

 

 

 

半幅帯なら、浴衣と同じ感覚で結べるのでとってもかんたん。

 

帯じめをしめて着物らしくコーディネイトしましょう♪ 

 

下駄は実は浴衣だけではなく、年中履ける履物なんですよ~

 

こちらのおしゃれな下駄は、もめん着物のポップな雰囲気にぴったり。夏も大人気でした。

 

 

現在川越店、柏店限定でお店に並んでいます。ぜひ見に来て触ってみてくださいね~!

 

ご来店希望の方は、下のバナーからどうぞ!

 

 

 

Posted at 19:06

関連記事一覧